メンテナンスの契約方法

作業員

契約の違い

マンションに設置されているエレベーターの定期的な点検業務は、エレベーターの管理会社に委託することになります。この契約の方法にはフルメンテナンス契約とPOG契約があり、それぞれに良い面を持っています。フルメンテナンス契約は名前のとおり、保守・点検の他に通常使用中に発生する部品取り替えと修理が含まれた契約です。エレベーターの保守を総合的に任せられる契約のため、安心考えられるのがこの契約の良い点です。対してPOG契約とは、パーツ、オイル、グリースの英語の頭文字を取って名付けられている契約方法になります。定期点検と消耗品を交換する、オイル補給,グリス塗布などが契約に含まれています。部品交換や修理については契約に含まれていないものは有償です。しかし、その分契約料が安く、エレベーター点検の費用を抑えられるのがPOG契約の長所だと言えます。費用としては、一般的なマンションでフルメンテナンス契約が月4万円ほど、POG契約が月額2万5千円ほどです。これには税金が含まれてはいませんが、フルメンテナンス契約とPOG契約では年間で18万円ほどの差があります。このように料金には違いがありますが、点検を頼む会社はマンションの状況によって選択するのが良い方法だと言えます。建てられてから年数を経ていないマンションなら、故障の可能性も低いのでPOG契約がお得だと考えられるでしょう。築年数の古いマンションなら逆に、故障する確率は高くなるのでフルメンテナンス契約を結んでおいたほうが安全を確保できるでしょう。

Copyright© 2017 エレベーターの点検をしよう!【業者を利用するメリット】 All Rights Reserved.